トレッキングに参加する前に

トレッキングに参加する前に

 ジャングルに入る前に知っておきたいこと

「トレッキング」は人の整備した道を歩く「ハイキング」と違い、
上り坂や崖を登ったり降りたりする自然のままのジャングルを巡るアクティビティです。
参加される前に一度その違いを確認してから装備を整えてください。

適さない装備や過多の荷物は怪我や事故の原因になります、
このページでは 必要最低限 必要な荷物や適さない装備、
トレッキングに行く前に知っておきたい注意事項について紹介します。

 装 備

・足元
トレッキングコースはハイキングコースと違い
整備されていないルートを歩いてゆきます。
ハイヒールやクロックス、ビーチサンダルは
足場や足首の固定ができないため
くじいたり、足元を滑らせたり等々の事故につながってしまいます。
また、底の薄いウォーターシューズなども同様です。

足元はしっかりと足首を固定していてグリップのきいたスポーツスニーカーや
スポーツサンダルを履いてください。
靴下をはくとさらに足元の怪我を防いでくれます。

*弊社は必要な備品のレンタルをしています。
 適したサンダルをお持ちでない、汚したくないという方はご利用ください。

・荷物
荷物は軽装が理想です、

各自年齢に関わらずバッグパック(リュックサック)が必要です。
ランチ、カメラなどすべてが収納できて動きやすく、
大きすぎず小さすぎないものを用意してください。
肩掛けやウエストポーチは常に両手が空いている事が条件なので適していません。

*バッグパックもレンタルをしています。
汚れてもいいリュックサックがない、用意するのが面倒くさい場合はご利用ください。

パスポートやお財布、時計などの貴重品はなるべく持参しないようにしましょう。
万が一お店でドリンクなどのショッピングする場合や ガイドへのチップなどを考えて
料金とは別に$10程度余分に持っていればいいでしょう。

もし着替えが必要な場合は車内へ残します。小さなタオルか手ぬぐいだけをもっていくようにしてください。

 

出発前にガイドからお弁当と軍手、水(ボトル一本)が支給されます。
南国のグアムでは曇りの日でも身体から水分は失われていきます、
従って熱中症、脱水症状などを防ぐためにも
各自、水を用意することをお勧めしています。

 

また、突然のスコールなどで携帯電話やカメラなどの電子機器が濡れる事があります。
ジップロックや防水ケースなどで濡れないよう管理してください。


・服装
催行中は突然の雨や川歩き、コースによっては滝つぼや洞窟、磯で遊泳したり、ぬかるみを歩くので汚れ、水に濡れる事が多いです。
服の汚れを気にするよりは汚れてもいい服装をしてジャングルを楽しみましょう。

男性なら下は水着、上はTシャツ、女性なら水着の上から短パン、服を着ると動きやすいです。
さらにラッシュガード、レギンスなどを着ると蚊よけ、日焼け防止になります。

ジーンズや丈の長いズボンは動きづらくなるので動きやすいよう短いものにしてください。

 

 トレッキング中の注意事項

・ガイド
ツアー中はガイドの指示を聞くことが義務になっています。
ガイドの出す注意は必ず聞いてください、お客様の安全を確保するためにも大事なことです。

また、催行中の散策やアクティビティは自分の判断ではなく一度ガイドへ確認してから行ってください。
アクティビティは必ずガイドのお手本を見てから行ってください。
滝つぼ、海が関連するコースで遊泳する際、頭からの飛び込みを禁止しております。ご注意下さい。

催行中でもガイドは写真の撮影や質問を喜んでお受けしております、
遠慮せずに声をかけてください。

・お子様同伴の場合
ツアー中 ガイドがお子さんのケアをする場合もありますが
お子さんの管理責任は総てご同伴の保護者にあります。
従って催行中に走ったり、人を押しのけたり、同行している他の参加者への迷惑行為など、
またはガイドの言うことを聞かずに事故を起こした場合は保護者の責任になります。

子どもの管理をしっかりとして、グアムの自然を楽しんでください。

・健康上の問題
トレッキングツアーは健康な状態で参加されるのを条件としています。
健康上何か気になることがあれば、ツアー直前にガイドに申し出てください。

またツアー直前、ツアー中の飲酒は禁止されています。
もし飲酒をされている場合は安全面、他のお客様へのご迷惑
両方を考慮したうえでガイドの方からツアーの参加を断らせていただきます。
喫煙はグアム自然保護法によって基本的に禁止されております。

・トレッキングツアーを楽しむために

文化遺跡や遺構の損壊やいたずら、持ち出しは固く禁止されています。
また、催行中に出たごみは各自が責任をもって持ち帰ります。

楽しい思い出になるようにお互い迷惑をかけないようマナーを守ることが大事です。
グアムのジャングルを歩くと様々な驚きと面白さがあるので我を忘れてしまう事がありますが、
とはいえ相手は大自然です。

・お客様の安全のために

催行中はガイドの指示に従って歩きます。ガイドの前を出て歩いたり、集団から勝手に離れると大きな事故につながる場合があります。ささいなことでもガイドの注意に気をつけて下さい。

トレッキングコースは以下の理由で変更する場合もあります。

  • 天候不順による場合、
  • 自然災害によって予定コースの安全性が確認できない場合、
  • 大人数の参加によりコースの情況が万全でないと判断した場合、
  • コースに大勢の人が集中していて混乱が予想される場合、
  • 突然の天候の変化、怪我人が出た場合、
  • あるいは催行中、衛生上などの理由から想定外の事情が発生した場合、
  • ガイドがゲストだけではなく、自分自身の安全の確保が難しいと判断した場合、

以上、ガイドの判断でツアーを中止するか、コースの変更をします。

 傷害保険について

  • usesは大手旅行会社に準ずる安心な保険に加入し、皆様の安全を期していますが、
    内容によっては保険の降りないケースもあるので事前に
    短期(旅行)保険へ加入していただくことをお勧めしています。


【免責事項】
以下の項目に該当するものは弊社が契約している傷害保険では、保険金がおりませ ん。従って一切の責任を負い兼ねますので予めご了承ください。また、弊社ガイドの 案内・指示に従わなかった場合も責任を負い兼ねます。

  1. 催行中に生じた極度の日焼け、すり傷、切り傷、裂け傷、打撲、ねん挫等の怪我とそれによる感染症。
  2. 生物、鉱物、水、あるいは自然が介在する事によって生じた怪我あるいは感染。
  3. アトピー、皮膚アレルギー、妊娠による予測不可能な妊婦、潜在的疾患や内臓障害等に起因する事後経過による疾患によるもの。
  4. 自覚症状を伴わない、または既に治療を受けていてそれが誘因となる疾患と感染等。
  5. 事故、あるいは怪我発生直後に直接本人からの届け出がなく帰国後に報告した事故の申告、怪我その他の苦情。
  6. 携行品(現金、各種カード、時計、宝石、旅券、眼鏡、携帯電話、カメラなど)の盗難、紛失、破損。
CopyRight © 2017 U.S. Explore & Study, inc. All rights reserved.