U.S. Explore & Study, inc. について

会社について

 U.S. Explore & Study, inc.について

 ユーエス・エクスプロアー&スタディ株式会社(USES)は2001年1月に米政府公認の株式会社として発足し地元とツーリストへ向けた情報出版業と、グアムのジャングルトレッキングガイドと戦跡ツアーなどのオプショナルツアーの主宰、そして 新しいコースの開拓、ガイドの養成、調査などを総合的にまとめて運営している会社です。
 出版の一つである「GUAM FOOD TODAY」は創刊以来毎年20万部近くの冊子をホテル街、ガソリンスタンド、主な大型店舗、レストラン、そして米軍基地へ配布しております。グアムで唯一無料冊子として最大部数を誇り、地元、ツーリストを分かたずに多くの人に愛読され、また宣伝効果としても好評を得ています。
 当初トレッキングは不登校生徒、海アクティブ、ショッピングに馴染まない人を対象に発案され、やがてグアム観光局の依頼によって一般にも適用されるツアーとなりました。 また戦跡巡りツアーはシニアだけではなくむしろ若者世代から高い評価を得ているユニークなツアーです。
USESはトレッキングツアーの発案者であり、試行錯誤を重ねながら今日に至っています。トレッキングと戦跡巡りツアーはグアム政府観光局、大手を含む全ての旅行会社が公認するもっとも安全で安心で経験豊かなトレッキングツアー会社として多くのリピーターを得ています。
 近年人気を集めているパガットケーブの他にも、バラエティに富んだ様々なコースを扱っています、 その数はなんと48以上!
「グアムに来たらトレッキング!」「グアムを遊びつくした」
というツーリストの皆さんにグアムの本当の魅力を案内しています。

 ケン芳賀について

 グアム在住20年のケン芳賀は 、
 地元ハイキング同好会「ブーニーストンプ」に所属し
 数百回もの自然散策(トレッキング)の中で 、
「グアムの文化と歴史はジャングルという自然の中に埋没している」ということに着目し、
グアム観光局に「海だけではないもう一つの自然、ジャングル探検」を紹介しました。
ちなみにケン・芳賀は地元愛好者による非営利団体「ブーニーストンプ」の初代理事、
日本人唯一のトレッキングのオフィシャルリーダーでもあります。

 ケン芳賀は20代で単身アメリカ、ニューヨークへ渡り、俳優と演出を大学などで専門的に学習しています。在学中にハリウッド映画に多数出演しその中の「グッドバイガール」ではリチャード・ドリフェスがアカデミー賞主演男優賞を獲得しアカデミー音楽賞も得ています。また演出家として三島由紀夫作ドナルド・キーン訳「葵の上」の演出はニューヨークオフ・ブロードウエーでロングランを挙げ話題になりました。現在でも米国俳優協会とコマーシャル&プリント、ラジオ協会に所属しています。

帰国後、日本テレビ海外番組でコーディネーターを務める傍ら銀座みゆき館で「セイムタイムネクストイヤー」などの演出をするなど異色な経歴に彩られています。
現在では主に若いガイドの指導や「戦跡巡りツアー」のガイドを務めるなど次世代の育成に努めています。公益財団法人太平洋戦争戦没者慰霊協会の前顧問、「戦争を風化させない会」(平沼赳夫会長)の代表をしています。
トレッキングツアーと戦跡ツアーはケン芳賀が発案、提案、実施しているUSESのオリジナル商品です。

 GUAM FOOD TODAY

US EXPLORE & STUDYは発足時から旅行者と地元ローカルに向けた情報誌を定期的に出版しています。

「GUAM FOOD TODAY」はレストランなどの食をメインに、地元企業や特産物などの紹介もしている冊子でツーリストのみならず現地人やミリタリーも愛用しています。

GUAM FOOD TODAYはホテル、ガスステーション、ショッピングセンターなどで無料で入手できます、ぜひご利用ください。

 会社概要

会社名 ユーエス・エクスプロアー&スタディー(Uses)
設立 2001年1月
事業内容 グアムのジャングルへのガイド、
オプショナルツアー、出版業など
所在地 1024 Pale San Vitores Rd., Suite #205 Grand Plaza Hotel, Tamuning, Guam 96913
グランド・プラザ・ホテル 2階
電話番号(グアム)

(671)647-0280 or 777-4545, 777-5736

日本での連絡先 株式会社ジザイ内
〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-20-18-3F
090-4959-6456(高橋)
メールアドレス uses@teleguam.net

 トレッキングの他にも・・・

グアム戦没者慰霊祭

 太平洋戦争の戦没者慰霊を目的に年一回、USESは「戦争を風化させない会」(平沼赳夫会長、芳賀健介代表)と合同で戦没者慰霊祭を「日米両軍戦没者」と「地元民犠牲者」を二カ所に分けて行っております。

 グアム戦争では3年間でおよそ2万人、太平洋全域で150万人が尊い生命を失っておりますが未だにご遺骨調査と御柱のご帰還が進んではおりません。
「戦争を風化させない会」は在留邦人、ローカル、ミリタリーと日本の有志によって構成され、グアムを中心に大戦の記録と戦場を検証し、遺骨調査、戦跡掃除、戦没者の慰霊を定期的に行って以来20年以上になります。その一環として毎年靖国神社の神官による祭典を挙行して参りました。
これまで国務大臣高市早苗様、同平沼赳夫様、同下地幹郎様、ほか現前職の国会議員、他有志多数が参加して「太平洋戦争で散華された戦場でご英霊の慰霊祭」を行い、また「地元犠牲者の慰霊祭」も併せて挙行しております。

 前の大戦、ここ太平洋で散華された英霊へ集団で哀悼と感謝の気持を捧げる唯一の機会をご利用ください。
CopyRight © 2017 U.S. Explore & Study, inc. All rights reserved.