ケン芳賀のご紹介とご挨拶



グアムトレッキングのパイオニア
ブーニーストンプ オフィシャルリーダー
USエクスプロアー&スタディ 社長

ケン芳賀


ようこそ魅力溢れるグアム大自然の冒険へ!
 グアムに初めて「自分らしい旅」の実現をお助けする会社が生まれました。USエクスプロアー&スタディ・インクは安全、安心、良心的なプライスをモットーにしているグアムネイチャーと歴史のオーソリティです。

 これまで世界中を旅なされた方も、また海外旅行は初めてという方にもきっと“ビックリ”感動していただける「新しいグアム」をご紹介しています。「都会の喧噪を離れ、存分に異国情緒を味わいたい」とお考えの方、また「魅力的で一生の思い出になる旅」を求めて南海の孤島、グアム観光を予定されている方に自信を持ってお勧めするのがグアムで最初の本格的な『グアム探検トレッキング』です。これまでのグアム島観光では味わうことの出来なかったグアム島本来の美しさをご紹介させていただき、他のアトラクションでは体験できない異色かつユニークなグアムを体感していただけます。


ケン芳賀のグアム探検トレッキング
 既にメディアを通じて紹介され、多くの参加者が感動と驚きの声を上げている、自然との触れあいをテーマにしたのが『探検トレッキング』です。初めての方でも簡単に楽しめる初心者コースから段階的に難度が進むコースを用意いたしております。探検トレッキングのパイオニア、ケン芳賀がその経験をベースに、安全かつ心から楽しめる景色も趣も異なる数多くのコースが用意されております。きっとそのすばらしい自然やジャングル探検に感動していただけることでしょう。

 また通常のトレッキングとは別に、研修や修学旅行、社員旅行としても活用していただける「トレッキング&スタディ」、不登校生徒などを対象とした「グレートアドベンチャー」などの設定もあります。それぞれトレッキングを通じて参加者同士の親睦を高める工夫が用意されています。詳しくはこちらをクリックしてください。


ケン芳賀からのメッセージ
 こんにちは!
グアムの「もう一つの自然」を発見してそれを汗だくになってご紹介している芳賀です。
既に本文でも繰り返しておりますが、グアムは実に70%以上ものジャングルに包まれていて、その中に一歩でも足を踏み入れるとこの島の神秘、歴史、文化が直に伝わってきます。こうした人類が登場してからの6000年もの歴史を包括している大自然こそ本来のグアム島の魅力であり本物のグアムらしさでもあります。そんな魅力あるグアムを訪れようとしている貴方に「もう一つの自然」をご紹介したくて「探険トレッキング」を始めました。

 昨年の春に初めて以来すでに数百人もの方をお連れしておりますが、その中には老いも若きも、また歩くのが苦手派もいらっしゃいました。でもその総ての方が一様にこの島の魅力を「期待を遥かに超えて面白かった」とコメントして下さっております。そうなのです、この島こそ「大人を子供時代に戻らせ、子供をもっと子供らしく」させてくれる神秘の島なのです。ストレスに病んだ人はここで「いやされ」、景勝や南国特有の動植物に素直に感銘するのです。全く素朴な自然の有り様に感動を覚えるのです。

 ご一緒に心地良い汗を流しながら自然の恵みを受けましょう。自然の不思議を感じましょう。自然の優しさに触れましょう。古代遺跡や戦跡にこだわりましょう。そして人間もまた大自然の一員である事を自覚しようではありませんか?「探険トレッキング」は自分探しの冒険なのです。

****プロフィール****
 ケン・芳賀氏は東京都出身、20代にニューヨークへ渡りブルックリン大学で演劇を学習し、その11年の滞在中にハリウッド映画、テレビ、コマーシャルなどに多数出演し現在でも「俳優協会」に所属している稀有な体験の持ち主です。その後日本テレビの番組のコーディネイターを勤める傍ら舞台演出業にも携わっていました。
 グアムに移住して6年目、出版社と広告代理業、そしてこのトレッキングを主宰するU.S. EXPLORE & STUDY INC.を創立し、沈滞気味なグアム観光に魅力あるグアム、「もう一つの自然」を紹介しております。3月放映のTV朝日系「ぽかぽか地球家族」にグアム紹介の為にご家族と出演しました。


▲△▲今月のメッセージ▲△▲
 今月のメッセージ・参加者の声・フォトは、『ケン芳賀のグアム探検トレッキングブログ』にて掲載しています!

 当社で発行している地元の冊子「GUAM FOOD TODAY」「GUAM LIFE」は現地情報を確実に把握できる唯一の専門誌です。
ショッピング情報満載の雑誌に物足りなさを感じている人にはこれが一番利用価値が高いです。当地に来られる前にゲットしておいたら如何ですか?
日本のグアム政府観光局で無料で配布しておりますので問い合わせてね。
(東京03-3213-6835、大阪06-6635-3124)